眠れぬ夜に聴く文学 №1~10

眠れない夜、お聴きください。

梶井基次郎 作「桜の樹の下には」
江戸川乱歩 作「白昼夢」
夢野久作 作「きのこ会議」
宮沢賢治 作「やまなし」
芥川龍之介 作「蜜柑」
小川未明 作「野ばら」
堀辰雄 作「あいびき」
葉山嘉樹 作「セメント樽の中の手紙」
萩原朔太郎 作「ラムネ・他四編」
夢野久作 作「瓶詰地獄」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です